生活情報

【マレーシア生活】治安は?現地採用が語るマレーシアで気をつけること

 

たまたまかもしれませんが、私たち夫婦が住んでいるエリアで怖!っと思うことがあり度々ありました。この記事を書いている今も、サイレンの音が外で聞こえてます(^^;

日本でもニュースなど治安が悪くなったイメージはありますが、諸外国から見れば確実には治安はいい国です。

マレーシアも他の東南アジアの各国と比較すればいい方だとは思いますが、それでも日本より危ないことは事実です。移住する上では、しっかり理解した上で、行動・生活することが大事だと思います。

 

マレーシアの治安事情

マレーシア全体では比較的治安は良好です。

ただそれは世界全体で比較した話。日本と比較すると、また見方が変わります。

日本とマレーシアの犯罪発生率を比較

  • 殺人事件は日本の2倍
  • 強姦事件は日本の7倍
  • 強盗事件は日本の25倍

数値で見ると怖くなってきますが、事実です。クアラルンプールの都市であっても、起こりますから、どこに行くときにも気にしながら歩くと言うのは大事な事だと思います。

私の周りでも、「スマホを使っていたらバイクで盗られた」「連れて行かれそうになった」と言う話を聞いたりします。特に日本人は、お金を持っているイメージがあります。そのため狙われやすいのも事実です。

 

気をつける事

1人で夜は歩かない

マレーシアで発生する事件の多くは「夜〜深夜」が圧倒的に多いです。車社会のため歩道が少なく、歩いている人は都心部やモール周辺以外では少なくなります。そのためコンドミニアムやホテルの周辺を夜ぷらっとするだけ〜というのも絶対にやめましょう。

ただ朝であっても事件に遭遇する割合は日本よりは上がりますので、徒歩でどこかに行く仕事に行こうと思っている人はコンドミニアム等からの道のりが歩道があるのか、人や車の通りはあるのかも確認するのがいいと思います。

私も今は徒歩で会社まで行ってますが、朝も車の通りが多いところしか歩きません。また夜は暗くなる前に帰れるときは徒歩ですが、歩いている知らない人のすぐ後ろを歩くようにして、1人じゃないアピールをしてます(笑)

 

バッグはショルダー、歩きスマホはしない

マレーシアでよく聞く話として、「バイクが後ろから荷物やスマホをとって逃げた」という話をよく聞きます。人にもよりますが、マレーシア人の女性でも小さいショルダーバックをつけている人が多い印象を受けます。肩掛けのバックなどは、持って行かれやすいので気をつけましょう。

スマホ、特にiPhoneなどは10万円もする高級品です。マレーシアの平均月給と同じぐらいですので狙われやすいです。比較的治安がいいとされるクアラルンプールであっても、iPhoneを盗られた人を2人知っています。ついつい場所がわからなくて地図アプリなどを見てしまいがちですが、歩くときは極力バックの中に入れるようにしています。

 

荷物は置かない、離さない

どこの海外に行っても気をつけるべき事ですが、カフェなどに行って荷物を置いて場所をとるのって日本人だと当たり前にやってしまいそうな事ですよね?絶対にやめましょう。

またちょっと電話や離れたりするだけでも、無くなってしまうケースもありますし、店員さんと組んでいる時も悲しい事ですがあります。

 

タクシーはGrabを使う

マレーシアの流しのタクシーは外国人だと分かると、かなりボッタクられます。Grabの2〜3倍の金額を言ってきたり、メーターを回さないで高額な金額を言ってきたりしますので、マレーシアで移動する際にはGrabがマストです。もちろんGrabでも100%安心とは言い切れない部分はありますが、最近Grabもドライバーマナーの向上に向けて評価が悪くなると、Grabドライバーの資格が剥奪されるようになりました。

またタクシーで連れて行かれそうになった、という話もゼロではありませんのでやはりGrabを使うのがいいですね。Grabであれば、アプリ上から自分が走っている道を確認できますし、危険を感じたらアプリ上からGrabセンターに通知ができるようになっています。

 

車の運転時も注意!

マレーシアは車社会ですが、車は高額です。特に外国人居住者は、外車(マレーシア産以外)の車を乗っていることが多いので、狙われやすいです。日本の車を購入した場合には、日本で購入するよりも2倍かかりますからね。

車を運転するときは運転中も鍵をかけるのはもちろん、一番注意するのは駐車場です。駐車場に着いて鍵を開けた状態で車の中でエンジンをかけっ放しにしていたら、突然開けて殴られて車を持って行かれたという話もあるそうです。

またわざと軽い衝突事故を起こして確認のために車を降りたら、別の人に車を持って行かれたという話も聞いたことがあります。

車を使う際にはエンジンを切ったらすぐに鍵を抜く、不容易にロックを解除しないなどに気をつけましょう。特に女性一人の場合には狙われやすいので怖いですよね。

 

もし事件に遭遇してしまった時の事を考えよう

もちろん何も起きないことが一番です。ですが万が一遭遇してしまった時のことも、考えましょう。警察はもちろんいますが、外国人である私たちにマレーシア人ほどの親身さはないと思っています。言葉の壁はもちろん、自分の身は自分で守って生きていくのが海外での生活だと思います。

パスポートのコピーは必須

義務ではありませんが、パスポート常時携帯はほとんど義務と言っても過言でありません。特に旧正月などの大型連休などの前後には、警察がお金欲しさに外国人にパスポートを持っているか職質をかけることも多いと聞きます。人によってはコピーの方が安全だ、という人もいますが私たち外国人の身分を示すものはパスポートしかありません。

万が一盗まれてしまって場合には、身分を証明するものが無くなってしまいますので必ずコピーやスキャンデータを保管しておきましょう。勤労ビザを発行している場合などには、ビザのページもお忘れなく。

 

お金はあまり持ち歩かない

狙われないためにも、高額な現金は持ち歩かないようにしましょう。

マレーシアでもモバイル決済(Grab pay,Touch&Go)は使えるところが多いですし、クレジットカードも日本より使えるところが多いと思います。ローカルなお店は現金のみが多いですが、10RM~20RM持っていれば問題なく食べれます。会計時に大金を持っている事を確認されて、そのあと狙われる・・・ということもあるので、極力持ち歩かないようにしたいですね。

 

クレジットカードなどの情報を控えておく

クレジットカードの番号等は控えておいて、紛失した際にすぐに止められるようにしましょう。マレーシアに来てすぐは、マレーシアのクレジットカードは作れないので、日本のカードを持っている場合も多いと思います。多くのカード会社が、海外からの問い合わせ窓口があると思いますので、問い合わせ先等も含めてカード情報を保管しておくと安心です。

くろこ
くろこ
もちろん保管したカード情報等は分かりにくい場所に隠す必要がありますがね(^^;

 

コンドミニアムだからと言って安心はしないで!

一般的なコンドミニアムはセキュリティがしっかりしているところが多いでしょう。上記に書いたように、日本よりも危険なことに遭遇する確率は多いので、セキュリティも確認した上で家を決めるのがいいかと思います。

しかし!セキュリティがよくても安心はできません。

高層階に住んでも10階ぐらいまでであれば、ベランダなどを辿って余裕で登って来るそうです(^_^;)セキュリティも入るのは大変ですが、出るのは簡単なところも多いです。戸締りも高層階だからと気を抜かないようにしてくださいね!

 

 

危ないことばかり書きましたが、危険な人たちばかりではありません。

日本と同じで、いい人も沢山います。ただ発展途上国でもあるマレーシアでは、貧富の差もありますしマレーシアに住んでいる日本人の多くは、マレーシア人や他の外国人よりも収入は多いので狙われやすいのも事実です。日本よりも気を引き締めて行動する事を忘れずに、楽しいマレーシア生活になるようにしたいです!

 

くろこ
くろこ
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!