マレーシア

【現地採用】マレーシアで住んで・働いてみて一ヶ月の心境

 

スラマッパギ!クロコです。

早いものでマレーシアに来て一ヶ月が経とうとしています。(正確には違いますが)

あっという間の一ヶ月で、生活リズムにも慣れてきてこれからが本番だと思っています。

何ヶ月かたった時の心境と比較できる様に、今の率直な心境を書いておこうと思います。

 

生活編

まずは生活編です。やっぱり旅行と生活は違います。生活ともなると色んな見方が変わるものだなと思いました。

最高です!家大好き人間としては最高な暮らしが出来ていると思います。

もちろん日本と比べてんん??という点はあるにしろ、ゆったりとした広さがあり、大きなベットで寝れる環境は最高ではないでしょうか。家からエレベーターを降りればジムやプールに行ける環境も要因の1つです。メンドくさがり屋なので、ジムに行きたくても荷物を持っていくのが億劫…というダメ人間にはピッタリなマレーシアのコンドミニアムです。また家賃も安いため、生活にゆとりがもてるのもいい点ですよね。

【海外移住】マレーシアでのコンドミニアムの契約方法 マレーシアのコンドミニアムの探し方・決め方の記事は別に書いていますので、そちらも合わせて呼んでみてください。 https://ku...

食事

これは難しいところです(笑)私は辛いものが苦手。マレーシア料理は辛くない料理もありますが、辛い料理が大半です。また脂っこいのもあるので、毎日食べていると胃もたれしちゃいます(笑)旅行に来ていた時には、「毎日食べれる〜」と思っていましたが、短期間だからできることでした。なので自炊を組み合わせて食べるようにしてます。

旦那はアジアン料理が大好きなので天国だ!って言ってますので人それぞれですね。

マレーシアはイスラム教の国なので豚肉は家では食べれないと思ってましたが、買えることも分かったのは嬉しかったです。

【マレーシア生活】TTDIウェットマーケットに豚肉を買いに行ってみた!マレーシアの生活も約2週間、お腹も順応してくれるようになり安定しています(笑) ダイエットというか体作りのこともあり、なるべく自炊をし...

買い物

これはマレーシアに来てから物欲が嘘のようになくなりました。今だけかもですが(^_^;)

要因としては日本の様に購入意欲を助長させる様な、広告・SNSが無い・目にしていないだけかもしれません。また日本の様に季節が無いので洋服もほとんど夏服しか必要無いですし、そこまで見た目に気を配ることも無くなったかもしれません。これはいい意味で自然体でいるということです。日本の様に周りを気にする事が無くなったと言う事かもしれません。

お金

日本にいた頃が嘘の様に消費しなくなりました。日本にいた頃は共働きでしたし、飲み会等もあったので出費は激しかったです。夫婦合わせて1日最低3,000円は使っていたでしょうね。休みの日は何処かに出かけて万単位でお金が飛んでいってました。

今はかかっても1,000円以内で収まります。これが最大に消費した金額の場合だから3分の1以下ですね。休みの日は何処かに出かければ多少はかかりますが、それでも日本よりはかかりません。交通費が安いのも要因の1つです。

交友関係

まだ1ヶ月な事もあるので、友達と呼べる人はいません(笑)ただ今のところ無理に作ろうとも思ってません。強がりなように聞こえるかもしれませんが(^_^;)

個人的には1人大好き人間&家が大好き人間な事もありますが、せっかく海外に来て気を使って生活したく無いというのも大きいです。無理に作ろうとも思わないし、無理に仲良くなろうとも思わない。自然な流れていつの間にか友達になった、という人間関係が一番信用できると思っているからです。このスタンスは日本でも同じでしたが、日本だと無理に仲良くしなくちゃ!と思わせる周りからのプレッシャーもあるので(笑)いい意味で抜け感があって、焦る事なく暮らせているのが心地よいです。

くろこ
くろこ
もう少し経ったら寂しくなるのかも知れませんがね(笑)

 

仕事編

続いては仕事編です。

生活リズムが安定した

日本で働いていた時は、睡眠時間が少なかったです。通勤に時間がかかったのもありますし、付き合いの飲み会や残業も多かったので生活リズムは不規則でした。

マレーシアに来てからは遅くても23時過ぎには寝て、朝ごはんも食べれる様になりました。残業がないのも大きいです。

マレーシアに移住した現地採用の1日のスケジュールはこんな感じです マレーシアでの仕事や生活も慣れてきたところで、 マレーシアの仕事がある日の1日のスケジュールをご紹介しようと思います。 興味はな...

また朝ごはんが食べれる様になりました。日本ではギリギリまで寝て睡眠時間を確保したかったので(笑)あとは髪の毛を乾かして毎日寝れる!という事が大きいです。女性として当たり前の事かも知れませんが、私は無理でした(笑)髪が長いのもありますが、乾かす時間の代わりに睡眠に回してました。ダメですね(^_^;)今はちゃんと乾かして寝れているので、髪がツヤツヤになりましたよ(笑)

成果主義は分かりやすい

まだ働いて間もないですが、会社からはどのようにしたら昇進できるかの具体的な説明がありました。もちろん成果主義です。結果を残したら昇進できるという、当たり前でありシンプルな構造です。

くろこ
くろこ
個人的には一番モチベーションが上がる点です。

日本ではいくら頑張っても周りと同じでした。もちろん昇進等もありますが、お飾りでした。私は女性という事もあり営業で売り上げを上げたり効率化を上げてもダメでした。その点、海外での働き方は自分に合っていると感じてます。

よく日本では「仕事はお金じゃないよ〜」という人がいます。でも嘘です。人は誰でも仕事をしたらそれに対する対価が欲しいと思っているはずです。昇進=給料アップというシンプルな構造を日本は年功序列という言葉で片付けてしまうのはずっと疑問でした。

この話をすると、「起業したら?」と言われる事もありましたね。私は以前起業した事があるんですがね(^^;(この話はまた書こうと思います)

確かに起業するのが一番分かりやすいですが、この世界の多くの労働者は雇われです。その雇われ労働者が上手く働くことによって会社は成り立っていると思います。だから、成果を上げている人には還元するべきですし、逆にしていない人は還元してはいけないと思ってます。まだまだ仕事はこれからですが、私は半年以内には昇進を狙いたいと目論んでいるところです!

 

日本に帰りたいと思うか?

今のところは思いません!全くです(笑)

もちろん不安はあります。何年かたったとき、目標としているスキルアップはできるのか。このまま働き続けることはできるのか…などなど思うところはありますが、日本を一回離れて客観的に日本を見る機会を得たことは良かったと思いました。

もちろん日本の良い点もたくさん感じますし、日本の友達に会ったりや料理が食べたいと思う事もあります。でも結果今マレーシアで生活している経験は誰もが経験できることではないので、どこまで自分が出来るかを試したいと感じる毎日です!

 

くろこ
くろこ
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!