生活情報

現地採用が思う、マレーシアの少し嫌なところ

 

スラマッパギ!クロコです。

マレーシアに住んで早5ヶ月、早いようなまだまだのような気分ですが生活にはほぼ慣れました。

総じて日本人でも住みやすいマレーシアですが、ここが嫌だ!と思うところを考えてみました!

 

トイレが水浸し

日本でしか生活していないと中々経験することはないと思いますが、トイレがびっくりするほど水浸しです(笑)

なぜかと言いますと、マレーシア人は基本トイレットペーパーを使いません。

「えっ!汚い!」と思う方も多いと思いますが、違います。

ホースの水を使って丸洗いするんです!

日本にはウォシュレットという便利アイテムがありますが、マレーシアにはほぼ皆無。

大小問わずホースで丸洗いするんです!なので当然トイレは水浸し(笑)

マレーシアでロングスカートやワイドズボンなどはオススメしません(笑)

でもショッピングモールなどは比較的綺麗に掃除されているので、気になりませんがローカルの飲食店など行くとびっくりする事もしばしば!

またオフィスビルなどは、土日祝日は掃除の人が休むことが多いので、前後はトイレットペーパーがないことも!

なのでロッカーにトイレットペーパーを常時しています(笑)

初めてマレーシアに来た時にはビックリしたことの一つでした。

 

通勤退勤時の交通渋滞

マレーシアは超車社会。電車もありますが、主に交通手段は車です。

なので朝と夕方の時間帯は渋滞が発生します。

幹線道路でも4車線ある道路もあるのに車はぎっしり。

でもマレーシア人は車の運転が荒いので、思っているよりは早く到着する事もしばしば!

でも会社帰りにちょっと飲みに行こうーと思ってGrabで行こうとすると、普段15分で行ける距離が1時間かかったりする事も普通にありますので、渋滞が起きやすい時間帯は余裕のもった行動が必要です。

またGrab代も渋滞時など、車が捕まりにくい時は価格が高騰します。

倍の金額になる事もしばしばです。ただGrabの場合、車が捕まりにくい時に価格が上がるという仕組み?なので、深夜の時間帯など日本のように割り増しにならないのは有難いです。

 

ローカルフードは脂ギッシュ&甘すぎる

ローカルフードは好き嫌いもあると思いますが、私は普通に食べれます。むしろ好きです。

でもかなり脂ギッシュなので、夜などに野菜をとったりヘルシーなメニューを心がけないのと肌荒れが酷くなります。

また飲み物も総じて甘いです。砂糖何倍入れたの!?という甘さなのですが、甘さは控えめにしてほしいと言えば、心なしか控えめになって提供してくれます。

 

突然のスコール

マレーシアは年中真夏のような暑さの国です。慣れれば温度変化もないので快適なのですが、スコールが降ります。

このスコールがけたたましい程の雨なのです。

日本のスコールとはワケが違います(笑)

バケツを頭から被ったような雨なので、歩けません。

しかもさっきまで真夏のような太陽が降り注いでいたと思ったら、本当に突然雨が降り出します。

すると帰れないし、Grabも捕まらないしととにかく雨が止むまで待つしかありません。

まぁ日本のようにアセアセした国ではないので、みんな雨が止むまでのほほーんと待つんですが、仕事帰りにスコールになっているとつい早く帰りたい時はちょっと気分が落ち込んだりもします(笑)

 

水が飲めない、髪がギシギシ

日本は蛇口をひねれば、飲める水が出てきます。

マレーシアの水はそうもいきません。

日本の豊かな綺麗な水で育ってきた日本人は、飲めば8割の人がお腹を壊すでしょう(笑)

また硬水の影響もあるのか、シャワーなどで髪を洗うと髪がギシギシになります。

髪質によりますが、ヘアケアは日本よりも手間かけたほうがいいかもしれません。

 

湯船に入れない

圧倒的にバスタブがあるコンドミニアムが少ないです。

日本だと狭い1Rのアパートでもあるバスタブが、ここマレーシアはシャワーのみです。

暑い国なので入る習慣もないかもしれませんが、夏でも湯船に浸かりたい時がある日本人からすると、浸かりたい欲望が長く住めば住むほど湧いてきます(笑)

 

まとめ

あえて嫌なところを羅列してみましたが、日本がとても住みやすく快適すぎるのもありますし、マレーシアの近年の発展をみているとドンドン綺麗になっているところも多いです。

住めば都というもので、水浸しのトイレにもなれるのが人間の不思議です(笑)

旅行だと目新しいことでも、暮らしてみるとまた違った見方になるのが海外の面白いところだと感じます^^

 

くろこ
くろこ
最後までお読みいただきましてありがとうございました!