生活情報

【マレーシア生活】私が行ったことのある日本語対応の病院

Fucithalmic Fucithalmic

スラマッパギ!くろこです。

マレーシアで生活していると、日本語が対応している病院に行きたくなることがあります。もちろん英語がもっと話せるようになれれば普通の病院で良いのですが、細かいニュアンスはまだ伝えられません…。

風邪でMCを取りに行く時には近所の病院で良いのですが、そうもいかない時もありますからね。

【現地採用】マレーシアで病欠するときの「MC」とは? スラマッパギ!クロコです。 マレーシアで働き始めると日本とは聞きなれない言葉があります。 それは「MC」 日本ではない制度なの...

ということで私が行ったことのある、日本語で対応できるマレーシアの病院をレポします。

 

ひばりクリニック

マレーシアに何箇所かありますが、私はモントキアラの病院に行きました。

まだマレーシアに住み始める前に旅行で来た時に、点滴を打たないとかなりやばいことになった時も親切に対応してくれました。

先生は日本が話せませんが通訳さんがいるので、自分の症状を日本語で話すことができます。血液検査などもその場で対応してくれますし、街のクリニックいっても解決しない時には最適だと思います。

ただ先生には当たり外れがあるようなので、イマイチと思う人もいるそうです^^; 私は良い先生にしか当たっていないので分からないのですが(笑)

またこちらの病院はマレーシアの会社の医療保険に対応している(一部対象外)なので、会社負担で通院することができます。もちろんクレジットカードの海外医療保険も適用可能なので、私はカード会社に電話してここに行くことを伝えると支払いは特にせずに治療を受けることができました。

また歯科矯正も受けれるので、歯並び治したいなー!

予約は電話でももちろん可能ですが、メールで問い合わせることも可能です。予約しなくても受診は可能ですが待ち時間が長くなることもあるので事前に予約した方がスムーズです。

 

森のまちクリニック

こちらのモントキアラにある病院です。

モントキアラに住んでいる方には便利な無料送迎サービスがあります!

参照元:https://morinomachi.asia/transport.html

LINEで予約できるのも便利だと思います。

友人の話だとひばりクリニックより診察内容によっては安く受診できるようです。現地採用ですと、わざわざ医療保険に入る人は少ないので実費で安いと助かりますからね!

私はクレジットカードの海外医療保険で受診したのでもちろん費用は無料です。

こちらの病院はマレーシアの会社の保険は適用されないようですので、注意してください。

 

あおいファミリークリニック

こちらはセランゴールにあるダマンサラ地区にあります。

クレジットカードの医療保険や海外旅行保険は使えますが、会社の保険は適用不可でした。

LINEで予約できますし、日本語で対応も可能です。健康診断も細かく対応してくれます。

この前眼科にかかりたくて来院したので、領収書が残っていたの参考までにアップします。

思っていたより安かった

受信料+薬代合わせて185RMでした。日本円で大体5,000円ぐらいでした。思っていたより安かったです。

内訳

CONSUL 50RM(約1,300円)

MEDICATION 135RM(約3,600円)

主に薬代ですね。

私は目が痒くてたまらなかったのですが結果原因は分からずで、鼻炎から来るものかもしれないとのことだったので、抗アレルギー薬をもらいました。

薬をもらう時の説明もちゃんと日本でしてくれます。

保湿用の目薬

成分をみる限り、普通の目薬と同じ感じだと思います。刺激もない少しとろみのある目薬でした。

 

海外の薬って強そうで怖いですよねw

Fucithalmicとありますが初めて見ました!

調べてみたら、フシジン酸が入っており抗生物質入りの目薬のようです。乳液みたいなテクスチャーで色も乳液みたい感じです。とろみもかなりあるので、初めはびっくりしました。なんとなく使い始めてから目の症状が和らい感じもあるので、やっぱり何かあった時には早めに病院に行くべきですね!

 

まとめ

マレーシアに住み始めて、そこまで病院にお世話になったことはないのですが、いざ!という時にすぐに受診できる病院をピックアップしておくといいと思います。

悪化してからですと、高額になった医療費をみてびっくりすることになるので健康管理は大事です!

 

くろこ
くろこ
最後までお読みいただきありがとうございました!