生活情報

マレーシアで眉毛アートメイクを入れてみた!【経過写真あり】

 

スラマッパギ!くろこです。

最近ノーメイク率が高いくろこですが、眉毛だけ書かないとなーと思うこともシバシバあり、前から気になっていたアートメイクを悩みに悩んでやってきました!本当は韓国に行った時にやろうと思っていたのですが、マレーシアにもお店があるし、リタッチのことを考えてマレーシアで行ってきました!

私はやって良かったと思っていますが、やはり体に針を入れることになるので、事前の情報収集は必ずした方が良いです!

 

眉毛のアートメイクとは?

眉毛にタトゥーを入れることです。昔の眉毛アートメイクは、かなり深くまで針を入れていたようで、結構濃くて今に比べて不自然が強いですが、今のアートメイクは進化していて、針も皮膚の浅いところに色入れるようで自然な仕上がりになります。

ただ針を入れることには変わりないので、副作用が起きないとも言い切れません。お店選びはしっかりとすることが大事です。

メリット・デメリット

  • 2〜3年は眉メイクが楽、いらなくなる
  • メイク時間の短縮
  • 手入れが楽
  • プールなどメイクが落ちても気にしなくても良い
  • スッピンでも問題なし
  • 一度入れるとしばらく色や形は変えれない
  • 初めのうちは安定するまでリタッチ、数年後も薄くなるのでリタッチが必要
  • 簡単には消せない
  • 施術は痛みがある、施術直後は腫れなどがでる
  • お金がかかる
  • 失敗する可能性がある
  • MRIが受けれない可能性がある

人によっては異なるかもしれませんが、ざっとこんな感じでしょうか。眉毛にも流行りのデザインがありますので、こだわる人は入れてしまうと簡単に形が変えれなくなってしまうので、入れない方がいいかもしれませんね。

アートメイクの種類

手彫りと機械彫りの2種類がありますが、今は手彫りの方が主流です。自然に見えることが好まれるので、機械彫りだと不自然な仕上がりになることが多いです。

また手彫りでも今は2種類から選ぶことが多いです。

毛並み風

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝐄𝐋𝐋𝐄 𝐀𝐫𝐭𝐦𝐚𝐤𝐞 韓国アートメイク 🇰🇷(@elle_artmake)がシェアした投稿

毛を一本一本あるかのように書いていくタイプです。本当に毛があるように見えるので、今は一番人気のタイプです。

ただし、下手なお店にいくと仕上がりが残念なことにもなるので注意が必要です。お値段も一番高い場合が多いです。

パウダー風

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BbrowX by Amore(@bbrowx_by_amore)がシェアした投稿

メイクしたような、ふんわりとした仕上がりになります。毛並み風に比べて、メイクした後の仕上がりに近いです。ナチュラルが好みの方は、毛並み風の方がオススメす。大抵の今のお店には、毛並み+パウダーで仕上げてくれるところもあります。

くろこ
くろこ
今回私はパウダー風で仕上げてきました!

 

施術したお店

Office棟の中の一角にあります

BbrowX by Amoreです。私はFaveでお店を見つけました。HPはないのですが、インスタ・FaceBookのサイトがあるので、そこから直接申し込みしました。

お店はKL中心地の方にある、サンウェイ・ベロシティモールの隣のオフィス棟にあります。オフィス棟なので、受付で身分証明書の提出が必要になります。

ちなみにFaveのアプリのお店は大抵、電話がWhat’uppで連絡を取れば、アプリで購入しなくても同じ値段で施術してもらえるので、アプリの使い方が分からない人はお店に連絡してみてください。

また、今回のお店のクーポンはリタッチのみ1回のみの金額だそうです。アートメイクはリタッチを1、2回して完全に定着させるものになるので、しっかり仕上げたい方は割高になる可能性もあるので気をつけましょう!

 

かなり細かくデザインを決めてくれました

おそらくお店はマレー系チャイニーズの人かな?中国語でしたが英語は通じます。

日本語は全く使えませんので、仕上がりの希望の写真を何枚か用意しておくといいと思います。私もインスタなどで探して、サイズ感や太さの希望を伝えました。またメニューに応じた仕上がりの写真を見せてくれるので、それを見ながらメニューを決めてもいいと思います。

ちなみに私は今回Microshading Packageでお願いしました。いわゆるパウダー風の仕上がりでグラデーション仕上げになるようにしてくれるとのことでした。

お値段はリタッチが2回ついて、588RMと日本円で15,600円ぐらいと激安です!日本人が施術してくれるサロンも何店舗かマレーシアにありますが、大体1,000RMは超えますので大体半額ですね。

メニューが決まったらいよいよ施術ですが、ベットに横なる前にガイドラインとなると枠を眉ペンで書いてくれます。これって個人的には大事なことだと思っていて、ベットで寝てる時と座った時って、眉毛の見え方が変わるので、寝る前にデザインを決めてくれるのはいいお店だと思いました!

片方をまず書いてデザインを決めていきます

ここで気になるがあったら遠慮なく言いましょう!だって簡単には消えないし!片眉が仕上がったら、もう一方の眉毛も書いてくれます。

だいぶ太く見えますが、線の内側に色が入ります。

太さや長さなどは専用の定規を使って、しっかり測りながら書いてくれます。また太さですが、実際の仕上がりは書いたところよりも細くなるので、もうイメージするしかないです!初めの一回は細めに仕上げてリタッチで足す方が失敗がないよ、とお店の人が教えてくれました。

そして色決めですが、私が選んだパッケージはドイツ製のインクを使っているということでよりナチュラルな色の仕上がりになると言われ決めたのも理由の1つです。Faveのプランだと、色は濃いめにしか仕上げられないプラン(多分インクの種類が原因)とのことでした。私はあまり濃くなりすぎず、ブラウンよりの色を選択し、いざベットへ!

 

施術の流れ

まずは麻酔クリームを塗ってもらいます。(肌が汚くて見にくくて申し訳ないです)

たっぷりクリーム塗ってもらいます

20分ぐらい置くと、なんとなく眉毛にところが張ったような感覚になります。

そこから施術開始です!施術中の写真が撮れなかったのでございません!

痛みは私は感じませんでした。チクチクとした感覚はありますが、麻酔がしっかり効いてくれていたのだと思います!(海外なので麻酔が強いかもしれませんが…)

一通り施術が終わると、たっぷりと色をのせて10~15分ほど置きます。

途中何度か寝ちゃったほどです。

施術は全部で2時間ぐらいかかりました。私は皮膚が弱いタイプだったようで、色がのりにくいタイプだそうです。腰が少し痛くなりました^^;

出来上がりは施術が終わるまで見れないのが、少しドキドキしますが、終わった後鏡をみて思わず「えっ!濃い!」と思っちゃいました。しかも翌日の方がもっと濃くなるということで、大丈夫なのか心配になってしまいました^^;

経過写真は次でご紹介しますね!

 

施術後の写真

施術後1週間はメイクはしてはダメで、水に濡れるのも翌日までは避けてください。ただ水に濡れないようにシャワー浴びるのは難しい!当日はメイクしないで行ったので、拭き取り化粧水だけですませましたが、翌日からはあまり気にしないで洗ってしまいました(笑)もちろんクレンジングや水には触れないように気をつけはしましたけどね。

またお店で貰える保護クリームを毎日朝晩塗ります。2、3日は少しヒリヒリしますので、保護クリームはしっかり塗るようにすると和らぎます。

 

そして翌日が一番濃くなると聞いてましたが、確かにその通りでした。

1日・2日目は眉頭がかなり濃いことが分かると思います。ここまで濃いと失敗した…と思ったのですが、3日目からカサブタが取れはじめると薄くなってきました。

カサブタは絶対取らないようにしましょう!色の定着が悪くなるそうです。

 

5日目は、カサブタがまばらになってしまったので、ガタガタに見えてしまいます。

6日目でカサブタが全部取れたので、形が綺麗になりましたがその分が色が薄くなりました。むしろタトゥーしたのか??と思うほどに!でも翌日から馴染んで色も濃くなりました。

 

そして施術前後の写真がこちらです。

眉頭あたりは毛がしっかり生えているのですが、眉尻がまばらになっているのが悩みでした。眉毛の形を整えても上手くかけないこともあったのですが、アートメイクをしてだいぶ解消されたのが分かると思います!

 

そして10日ほど経過して、軽くパウダーとアイブロウマスカラをした眉毛がこちら

ささっとやっただけで、ほぼ描いてはいません!凄い楽!眉毛に今まで最低10分以上はかかっていたと思うのですが、3分ぐらいで仕上がります!眉毛の手入れもガイドラインがあるので、整えるのが簡単になりました。もっと早くやっておけばよかったと思います。

ダウンタイムは1週間というところでしょうか。

初めは色もデザインも濃くて不安になりますが、1週間は様子を見てみましょう!

 

リタッチは4〜6週間後

私はリタッチが2回ついたプランを購入しているので、微調整も可能だそうです。

左右で写真を撮ってみましたが、色の入り方や形がやや違うことが分かります。

体の新陳代謝やそれぞれの皮膚の具合にもよるので、変化の仕方も人それぞれになります。またリタッチでさらに色を入れて定着させるので、気になるところがあったら修正してもらいましょう!

私はまだリタッチには行っていないのですが、色が薄くなった部分を足してもらって、長さも左右で少し違う気がする(骨格で正面をみたときに長さが違って見える)ので、修正してもらおうと思います。

 

まとめ

初めはマレーシアでやることにドキドキでした。日本人サロンでやる方が間違いはないのですが、なんせ価格が高いですしね。

今回行ったお店は結果良かったですが、中には失敗した人もいます。

私の中で良いお店かを嗅ぎ分ける方法は、SNSなどの投稿が多いこと(広告ではなく純粋な投稿)、口コミが多いこと・良いことですかね。現地の人でさえも行っていないところは失敗する可能性が高くなりやすいと思いました!以前記事にも書いたまつ毛パーマみたいにですね^^;

また初めから完璧を求めるのではなくて、リタッチで完成させるようにやってもらうと失敗しにくいと思います!

これでスッピン生活が更に楽になります!2020年もスッピンで行くぞー!(笑)

 

くろこ
くろこ
最後までお読みいただきありがとうございました