ブログ

【クレカ不正利用】マレーシアで身内3人がスキミングされた話

先日ニュースでも取り上げられました、日本でクレジットカードが利用できなかった話

ここまでクレジットカードが普及していると、無くてはならないものに最近なりつつありますよね。

なので不正利用は免れないことなのかも知れないのですが、

なんと、私の家族はここ半年で3回も不正利用されました(泣)

しかも全員、マレーシアでクレジットカードを利用した後なのです…。

偶然かも知れないけど、3回って…

 

マレーシアのスキミング被害が多発中??

実はマレーシアはスキミング集団がいるとかいないとか。

いや多分いるんだと思います。

 

マレーシアは日本よりもクレジットカードが普及している、と言ってもいいと思う。

タクシーでも当たり前のように利用できるし、LINE Pay的なのも当たり前に普及している。

なのでクレジットカードを利用するのは、外国人からすると本当に便利。

換金しなくていいし、お会計の時に慣れないお札と格闘しなくて済みますからね。

 

でもここまで不正利用されると、使うのを躊躇したくなる…。

日本のクレジットカードだから説明もできるけど、もしマレーシアで口座開設してクレジットカード作成したもんなら、全て英語で説明しなくてはいけない!

英語を話せるようになりたいのが目的だけども、上手く伝えられるか本当に不安・・・と思ってしまいます。

 

家族で起きた不正利用実績

では3回起きた不正利用実績をご紹介しましょう(笑)

 

1回目:父

カード会社:三井住友VISAカード

マレーシアから帰国したらカード会社から連絡が入ったそうです。

とある女性

イギリスでお洋服などを購入頂いてますが、ご本人様でしょうか?

とある男性

いえ、つい最近までマレーシアにいました。

 

とある女性

かしこまりました。一度カードを止めさせて頂きます。おそらく不正利用の可能性がございますので、確認して再度ご連絡致します。

というような感じだったそうです。

イギリスではaddidasのスニーカーやご飯を食べたりと普通の生活をしていたそうです(笑)

もちろんイギリスには行っていないので、補償してもらい支払いは0でした。

 

2回目:私

カード会社:三井住友VISAカード(ANAカード)

私も同じく、イギリスで利用されていました。

私の場合はヒルトンホテルを予約されていて、40万円ぐらい使われましたね(汗)

 

父の話を聞いて、同じタイミングでマレーシアに行っていたので怖くなって明細を毎日見ることが習慣になったことが功を奏し、ある日突然明細に上がってきました。

速攻でコールセンターに電話をして、無事補償してもらいました。

 

3回目:旦那

カード会社:三井住友VISAカード(ANAカード)

旦那にスーパーで買い物を頼んで帰ってきたら、

旦那

カード使えなかったよ

クロ子

うそ!明細そんなに使ってなかったよ!

旦那

もしかしたらカードの向きをおばちゃんが間違えたのかも

クロ子

そんなことある?

 

旦那

あとでコンビニ行った時に出してみるわ

コンビニに行った結果・・・使えませんでした。

これはおかしい!と思い、もう一度明細を確認するも、ご利用可能額が到達するほどの買い物をしていない…。

 

もしや?と思い、残高照会画面を見てみると、

使えないと困るかもと思い、5万円だけ上限をアップしてもらったので、旦那がカードを使った時はほとんどゼロだったのです。

 

やはり!これは使われている!

夜だったので、翌日までモヤモヤした状態で電話で確認することを待つことに。

 

朝になって電話してみたら、やはり海外でウン十万の利用履歴があるとのこと…。

現在は利用明細にまだ載っていないので、今はどうすることもできないので、毎日明細をニラメッコすることになりそうです。

 

共通していたのは、マレーシア

不正利用された直近一ヶ月にみんなマレーシアに居てカードを使用していたこと。

偶然かも知れないけど、必然かもしれません(笑)

もちろん日本でやられた可能性はゼロではないけれども、三回重なると疑いますよね(笑)

 

対策はあるのか?

正直無いと言えば無いかも知れません(汗)

あるとしたら、カードを使う時は必ず目の前で決済してもらうということ。

マレーシアで多いのが、ハンディ(ワイヤレス)のカード決済機を利用すること。

ほとんどの飲食店がこれなので、カードを渡すとそのまま持っていてしまうんですよね。

その時に、ハンディを手元に持ってきて決済してもらうとまだ安心なのかな?

クロ子

でもハンディ自体にスキミング機能があれば、意味なしだけど(汗)

でもニューヨークなどアメリカもカード社会で、カード割り勘までするほどだけど、スキミングはされてなかったぽいんですよね…。

 

今はスキミング技術も進化していて、ワイヤレスでカード情報を読み取ることができるとか。

スキミング対策グッズもたくさん売られているので、購入するのも手だけど、

100%は無理だと思う・・・。

 

補償は絶対されるのか?

クレジットカード会社によって、補償規定がまちまちだとは思いますが、

ある程度のカードであれば補償されると思います。

何日以内に連絡なども細かくあります。また海外で利用されていた場合には、その時期に日本に居たことを証明する必要があったりするみたいです。

でも一番大事なことは

「日々カードの明細を確認する」

「カードで購入したものを覚えておく」

かなと思います。

私は全てのレシートを保存するのが面倒なので、毎日明細をみる癖をつけました。

正直2、3ヶ月前にカードを使ったか使ってないかを暗記するのを難しいかも知れないけど、1ヶ月ぐらいだら覚えている確率が上がります。

カード会社も早めに連絡すればするほど、不正利用の可能性を疑ってくれると思うので、早めに気づくのに悪いことはないと思います。

 

まとめ

クレジットカードが不正利用されると、何よりも面倒なのが「番号」が変わることだと思います。

引き落としなどに使用していたら、再設定しなくてはいけませんからね!

完全にスキミングを防ぐ方法は無いと思うけど、日頃から意識するだけでも違うかも知れません。

あとはメインカードとサブカードみたいに、利用できなくなった時に使えるカードを持っておくのも大事ですね!

 

クロ子

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. 中島洋 より:

    気をつけましょう、私を含めて、数人が長距離バスの予約サイトでやられてます、私の知人のマレーシア人は死んだ夫の請求書が届きました。
    また。マレーシアのクレジットは引き落としではなく請求に応じて払い込むのですが、なんと半数が払わないという調査結果を聞きました、ホンマでっか???

    • クロ子 より:

      >中島洋さんへ
      コメントありがとうございます!
      本当に多いみたいですね(>人<;)
      マレーシアのクレジット事情、私も聞いてびっくりした覚えてます!
      賃貸も前の人が光熱費払わないで行くのも結構あるし、ゆるいで済まして良いのか微妙なラインですが笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です